折花は日本の新しい幸せ文化です

Japanese New Culture

今回募集をかけさせていただきました小学校3年生以上の折花体験キットですが、応募者多数のため受付を締め切らせていただきました。ご応募ありがとうございます。



 

折花には大きく、アート、文化、プロダクトデザインの3つの顔があります。

 

ART 折花アート

一枚の紙から生まれた折花が、様々な形状や素材へ進化しています。東京パレスホテルや東品川のタワーマンションなどに常設されています。

Orihana born from a piece of paper is now evolving to various styles and materials. Some of them are permanently installed in Tokyo Palace Hotel or Tower Mansion in Higashi-Shinagawa.

 

 

design 様々なデザイン

はじめはアロマディフューザーとして生まれていますが、そこからカードやジュエリー、照明器具などに進化しています。

Orihana was originally born as aroma diffuser but now is evolving to various forms such as greeting card, jewelry or lighting equipment.

 

 

 

CULTURE  折花文化

折花は新しいおもてなし文化として世界に広がっています。

令和3年から美術教科書に記載され、日本の中学生の7割が折花を体験します。

Orihana is now expanding to the world as new Japanese “Omotenashi” culture. From the 3rd year of Reiwa period (2021), Orihana will appear in a school art textbook which means 70% of Japanese junior high school students will experience Orihana.


news ニュース

本年度の新中学生用の美術教科書(日本文教出版)に折花が記載されています。

とても簡単なナデシコ折りの作り方も載っています。


折花マスター 三谷 基

一級建築士

多摩美術大学建築科卒業後、大手独立系デザイン事務所GKで環境デザインを担当。

独立後デザイン事務所A&Eを設立、建築・環境設計を中心に活動。

近年は大手デベロッパーの住居系大型開発のコンセプトやデザイン調整を担当、単に建築だけでなくプロジェクトコンセプト、事業戦略、空間全体からアートまで総合デザインを行っている。

11年前に植物の花の香りのアロマテラピーの勉強を始め、それを楽しむための折り紙や切り紙の技術を活かした「折花(オリハナ)」を考案。

現在は日本の新しい文化として、国内外で教室や折花の空間デザインなどを行っている。